トップページあゆみファブリカ村のあゆみ

ファブリカ村の前身

ひと・もの・こころの集い ファブリカ村の活動履歴

北川織物工場機械や外観などイメージ写真

2014-2015

ファブリカ村の取り組みを、雑誌「ソトコト」テレビ番組「ココイロ」など、多くのメディア取り上げていただきました。地域で循環を起こすためのマーケット、女性の活躍のためのWSを通じて、地域に根付く仲間が増えてきました。

2014-2015イメージ写真

2013-2014

東近江にある「ええもん」「ええひと」「ええこと」を
再発見する「東近江スタイル」プロジェクトを開始。
地域のものづくりを活かす場づくりを計画します。

2013-2014イメージ写真

2012-2013

東北を応援する企画展示「ほたてあかり」プロジェクト、
福島のギャラリーひと粒さんのセレクト展、
「けっぱれ東北プロジェクト」などに取り組みました。

2012-2013イメージ写真

2011-2012

地域の子どもたちや学生たちとの取り組みに力をいれます。
滋賀県立大学、子民家etokoroとの連携を開始。

2011-2012イメージ写真

2010-2011

はじめてのNHK取材。
様々なワークショップを催し多くの人が集いました。
チーム「湖の国のかたち」も始動。

2010-2011イメージ写真

2009-2010

ファブリカ村OPENとともに
「メイド・イン・滋賀プロジェクト」準備室を発足しました。

2009-2010イメージ写真

数えきれない出逢い、つながりがここから生まれました。
よいものをつくるひと、つたえるひと、つかう人。
子どもらやその周りの人たち、学生らと地域の企業。
多種多様な立場や考え方にふれることもでき、
自分らしくいられる場所でもある。
そんな場づくりに取り組んできました。

2012年 ココクール マザーレイク・セレクション に選ばれました。